風評被害・誹謗中傷で起きる損失

風評被害や誹謗中傷で起きる損失というのはすぐには体感出来ません。
その為に、ネット上に誹謗中傷サイトや悪評サイトがある事は分かっていても、今現在において実害がないと考えて放置しているところもあるようです。

しかし、インターネットユーザーの大半は検索エンジンを利用して、検索エンジン経由で各サイトを閲覧しているというデータがあります。
悪評サイトや誹謗中傷サイトが検索エンジンの検索結果で上位に表示されてしまっていては、多くの人の目に付くようになり、結果的に少なくとも会社のイメージは損なわれてしまいます。
風評被害で売り上げが落ちてしまう可能性だって否定出来ません。
それだけではなく、元従業員たちが悪意のある書き込みを掲示板にして、それを就職活動中の学生さんたちが見てしまうと、普通は就職したくないと考えますよね。

そうすると新規採用にまで影響が出てきてしまうのです。
誹謗中傷サイトは放置せずに、なるべく早めに対処しましょう。

This entry was posted in 逆SEOの基本情報. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります